定時退社とスロット

最近、退社後にパチンコ屋めぐりが日課になってきました。
以前は、水曜日の定時退社励行日に気が向いたらパチンコ屋へスロットを覗きに行って、
設定が良さそうなジャグラー台が落ちてたら打つような後づも作戦でした。
しかしながら”働き方改革”という名の残業削減の波が、わたしの部署にも押し寄せてきました。
毎月毎月、残業削減の目標が立てられ、効率化!効率化!という号令のもと残業を減らされて・・・。
収入が減り、家内からはお小遣いも減らされ、少しでもお小遣いを自分で増やすことを目標に、”ジャグラー様詣で”をすることに。
週1のパチンコ屋巡りが、週5になり・・・帰宅難民にも似た”働き方改革難民”となったのです。
少ないお小遣いを減らしたくない!、出来るだけリスクを取らず増やしたい!との気持ちでパチンコ屋のスロットの島を流浪します。
会社が駅前にあるため、駅前にある店舗数件を縄張りとして。
やっと見つけた、高設定と思われる台を拾ったときの気持ちは喜びもひとしおです。
この千円であたってくれ!と念じながらメダルを借り、レバーを叩くのも力が入ります。
そして、あの”ペカッ”と光輝く瞬間を見るのがとても、うれしく安堵にも似た気持ちになります。
まるで、砂漠の中のオアシスを見つけ、水にありつけた気分です。
ただ、ここで油断はできません。REGだと困るんです。なので、ボーナスをそろえる瞬間、”BIG”でお願いします!!”と心で唱えながら、
第三リールを目押しします。BIGだと心の中でガッツポーヅが出ます。心に少し余裕が出て、回りをちょっと見る余裕ができます。
BIGを消化しながら、100G以内のジャグ連に期待するように、台に祈りを込めながら、メダルを吐く台を見つめてます。
BIG終了後は、当然、クレジット内のジャグ連を期待しながら、打ち始めます。
クレジット内でダメなら50ゲーム内、60ゲーム内・・・なんとか100Gまでに当たってくれ!と念じながら。
それがだめなら、ボーナス確立まで・・・打ってダメなら交換。端数は貯メダル、お菓子には絶対にしません!
逆にREGだと、とてもいやな汗が出ます。頼む!クレジット内のジャグ連してくれ!と心に祈りを込めて、レバーに祈りを込めて打ちます。
REG連したときは、なんて今日はダメな日なんだ!と思いながらしかし、お小遣いへのダメージをいかに少なくする落としどころをなんとか
見つけようとする日々です。なるべく負債がないように残りメダルは交換せず、貯メダルにして凌いでます。
あーあ、
ほんとうに日本は景気がいいんですよね?ピエロ様?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です